2021.09.10 労連情報第185号 2021賃金確定闘争(11)道人事委員会勧告期(2)-第1回人事委員会交渉-

地公三者共闘会議(全道庁労連・北教組・自治労道本部)は9月10日、道人事委員会(人事委)交渉を実施し、給与勧告などにむけた現在の検討状況を質したが、人事委は「勧告は10月上旬を見込んでいる」、月例給・一時金とも「精査中」と回答。具体的な勧告内容や勧告日などについて明らかにしなかったため、職員の期待に応える勧告を行うよう申し入れた。また、両立支援の休暇制度の拡充にむけて国に遅れることなく対応するよう、任命権者への働きかけを行うよう申し入れた。


2021.09.10 労連情報第185号 2021賃金確定闘争(11)道人事委員会勧告期(2)-第1回人事委員会交渉-
.pdf
Download PDF • 338KB

最新記事

すべて表示

2022年9月29日、総合政策部当局(以下、「部当局」)は「R4年3月策定の『Smart道庁の推進に向けたデジタル化取組方針』で重要となるデジタル人材の育成・確保の方向性や具体的な取り組み示すため『北海道職員のデジタル人材育成に関する計画(案)』を策定することとした」として、全道庁労組に対して事前協議してきた。