2022.08.08 労連情報第143号 2022賃金確定闘争(9)人事院勧告期(3・最終)-3年ぶりに月例給、一時金ともに引上げを勧告-

2022年8月8日、人事院は国家公務員の給与について、月例給を921円(0.23%)、一時金を0.1月引き上げる給与勧告を行った。月例給は初任給及び若年層の俸給月額を引き上げ、一時金は勤勉手当で引き上げる。今後、10月上旬と想定される道人事委員会勧告にむけ、取り組みを強化していく。


2022.08.08 労連情報第143号 2022賃金確定闘争(9)人事院勧告期(3・最終)-3年ぶりに月例給、一時金ともに引上げを勧告-【結合版】
.pdf
Download PDF • 1.03MB

最新記事

すべて表示

2022年9月29日、総合政策部当局(以下、「部当局」)は「R4年3月策定の『Smart道庁の推進に向けたデジタル化取組方針』で重要となるデジタル人材の育成・確保の方向性や具体的な取り組み示すため『北海道職員のデジタル人材育成に関する計画(案)』を策定することとした」として、全道庁労組に対して事前協議してきた。