2022.06.30 労連情報第129号 中央省庁との人事交流に対する取り組み(2)-7月発令内容提示-

2022年6月30日、道当局から、中央省庁との人事交流の発令について提示されました。

全道庁労組は、国に依存しない道政の推進にむけて、人事交流が長期化・固定化しないよう、引き続き『漸減協定』および「北海道と中央省庁との職員交流取扱要領」を遵守するよう申し入れています。

2022.06.30 労連情報第129号 中央省庁との人事交流に対する取り組み(2)-7月発令内容提示-【HP】
.pdf
Download PDF • 227KB

最新記事

すべて表示

2022年8月8日、人事院は国家公務員の給与について、月例給を921円(0.23%)、一時金を0.1月引き上げる給与勧告を行った。月例給は初任給及び若年層の俸給月額を引き上げ、一時金は勤勉手当で引き上げる。今後、10月上旬と想定される道人事委員会勧告にむけ、取り組みを強化していく。