2022.06.08 労連情報第124号 鳥インフルエンザ対応(10)<時間外勤務手当の遅延>

 この間、組合員からの防疫作業や手当支給に関する問題点などの集約を継続し、7月に農政部当局あてに文書で申し入れることとしているが、時間外勤務手当の支給に関しては、その都度、道当局に現状確認・申し入れを行ってきた。また、2022年6月6日に開催した全道庁労連第16回(全道庁労組第130回)中央委員会においても、高病原性鳥インフルエンザ(以下、「鳥インフル」とする)の防疫作業に伴う時間外勤務手当が未だに支給されていない問題に関する発言を受け、翌7日に全道庁労組は、道当局に対して鳥インフル対応に伴う時間外勤務手当の支給が2ヶ月も遅れていることに対して事務折衝を実施し、状況説明を求めるとともに支給の遅延に改めて強く抗議した。


2022.06.08 労連情報第124号 鳥インフルエンザ対応(10)<時間外勤務手当の遅延>
.pdf
Download PDF • 149KB



最新記事

すべて表示

2022年9月29日、総合政策部当局(以下、「部当局」)は「R4年3月策定の『Smart道庁の推進に向けたデジタル化取組方針』で重要となるデジタル人材の育成・確保の方向性や具体的な取り組み示すため『北海道職員のデジタル人材育成に関する計画(案)』を策定することとした」として、全道庁労組に対して事前協議してきた。