2022.05.18 労連情報第122号 退職手当の見直しについてー国の取り扱いに準じて対処する姿勢を確認ー 

  • 国は、概ね5年ごとに行う「民間の企業年金および退職金の実態調査」を踏まえて国家公務員退職手当法の見直しを行いますが、今回の民間調査結果は官民で概ね均衡していたことから、国においては退職手当の水準改定を行わないこととされています。

  • 総務省は4月25日、地方公務員についても国の取り扱いを踏まえて対応するよう各都道府県に通知を発出しています。

  • これらの経過から、5月17日、全道庁労連は職員監に対し、道においても退職手当の見直しを行わないよう申し入れ、職員監から「国の取り扱いに準じて対処することを基本として検討」との回答を受けました。

2022.05.18 労連情報第122号 退職手当の見直しについてー国の取り扱いに準じて対処する姿勢を確認ー 
.pdf
Download PDF • 146KB

最新記事

すべて表示

2022年6月30日、道当局から、中央省庁との人事交流の発令について提示されました。 全道庁労組は、国に依存しない道政の推進にむけて、人事交流が長期化・固定化しないよう、引き続き『漸減協定』および「北海道と中央省庁との職員交流取扱要領」を遵守するよう申し入れています。

2022年6月14日、保健福祉部当局は、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化するなか、物価高騰等に直面する低所得の子育て世帯に対し、令和4(2022)年度も国から給付金が支給される。また、これに上乗せして、低所得の子育て世帯の生活支援に伴い、道独自の特別給付金を支給することにより、本庁保健福祉部子ども子育て支援課と(総合)振興局社会福祉課に「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給