2022.04.26 労連情報第114号 鳥インフルエンザ対応(5)<釧路農場の防疫作業>

 2022年4月26日、釧路市内のエミュー飼養農場(約100羽)において、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認された。

 この事態を受け同日、農政部当局は釧路市の当該農場における防疫作業にあたり、釧路総合振興局の職員を派遣するとして、その内容を全道庁労組へ協議してきた。


2022.04.26 労連情報第114号 鳥インフルエンザ対応(05)<釧路農場の防疫作業>
.pdf
Download PDF • 112KB

最新記事

すべて表示

2022年9月29日、総合政策部当局(以下、「部当局」)は「R4年3月策定の『Smart道庁の推進に向けたデジタル化取組方針』で重要となるデジタル人材の育成・確保の方向性や具体的な取り組み示すため『北海道職員のデジタル人材育成に関する計画(案)』を策定することとした」として、全道庁労組に対して事前協議してきた。