top of page

2022.02.16 労連情報第078号 「基本確認書」再締結<協定事項の追加>

 2022年2月15日、道当局は全道庁労組に対し、「該当事業所(職場)における36協定の締結にあたり、取扱いの統一と事後処理の適正化をはかるため、道(職員監)と全道庁労組で取り交わしている、時間外勤務等に関する『基本確認書』について、人事委員会からの助言を踏まえ、労働基準法に定める必要な協定事項を追加したい。また、現在は労働基準法別表第1の号別区分に基づき、『土木・建築』、『教育・調査・研究』、『保健衛生』の3区分ごとに『基本確認書』を締結しているが、事務処理を円滑にするため、これらを1つに統合したい」として、その内容について協議してきた。

 なお、道当局からは「現行の36協定については、法律上の協定内容を充足した所定の様式により届出を行っている。厚生労働省の解釈として、これに労使双方の押印をもって協定書とみなせる」との補足説明があった。


2022.02.16 労連情報第078号 「基本確認書」再締結<協定事項の追加>結合版
.pdf
ダウンロード:PDF • 420KB

最新記事

すべて表示

2023.10.06 労連情報第160号 2023賃金確定闘争(13)道人事委員会勧告期(4・最終)-道人事委員会勧告-

地公三者共闘は、10月4日に道人事委員会との最終交渉を行い、我々の諸要求を勧告に反映するよう強く訴えた。その後、10月6日に道人事委員会は知事・道議会議長へ勧告を行い、月例給・一時金の全世代引き上げや、初任給調整手当や防疫救治作業手当の改善が示された。一方で、我々が求めてきた再任用職員への寒冷地手当措置などは盛り込まれなかったため、引き続く賃金確定闘争確定期で追及を強めていく。

2023.10.04 労連情報第158号 初任層職員に係る勤勉手当の成績率の取扱いについて(2・最終)

10月2日、道当局は主事級に対する勤勉手当の「別段の取扱い」について、人事委員会の了承を得たため、予定通り2024(R6)年6月期勤勉手当から適用することとし、令和5年度下期業績評価(評価期間:R5.10.1~R6.3.31)の人事評価から活用することを各所属へ通知したことを情報提供してきた。 全道庁労組は、今まで以上に公明正大な人事評価を行うこと、対象職員へ丁寧な周知を行うよう求め、当局の対応姿

Comentários


bottom of page