2021.09.08 労連情報第183号 2022・2023年度に係る再任用制度の運用について

 2021年9月7日、道当局は全道庁労組に対して、無年金期間が5年間となる2021(R3)年度および2022(R4)年度の定年退職者に係る再任用制度の運用について、R4・5年度の集中地域は、現行同様、石狩振興局管内市町村、岩見沢市、小樽市とすることなど、勤務形態はこれまでの取扱いを継続する-との考え方を示してきた。

 全道庁労組は、集中地域における勤務形態(3/5)など、これまでと同様の考え方に終始した姿勢に抗議し、定年退職する組合員の不安を招くことのないよう、丁寧な説明を行うよう申し入れ、道当局から適切に対応する姿勢が示され、これを確認した。


2021.09.08 労連情報第183号 2022・2023年度に係る再任用制度の運用について【HP用】
.pdf
Download PDF • 194KB

最新記事

すべて表示

2022年9月9日、Withコロナの新たな段階への移行にあたり、国(厚生労働省)は各都道府県等に対し、高齢者施設等におけるクラスター対策の強化として、入所系の高齢者施設・障がい者施設等と介護・障がい分野の通所系・訪問系事業所への集中検査を実施するとともに、医療機関、保育所等を積極的に対象とするよう事務連絡を通知した。 これを受けた道は、国の通知に基づく対応が必要であると判断した。その結果、指揮室、