2021.12.01 労連情報第033号 根室家保牛ヨーネ病検査等繁忙期に係るう応援体制について(1)

 2021年11月30日、農政部当局は、全道庁労組に対し、「根室管内における牛ヨーネ病の発生頭数は全道的にも多く、ヨーネ病防疫対策は重要な業務となっている。牛ヨーネ病の発生農場に対しては、『北海道ヨーネ病防疫対策要領』に基づき、定期的に同居牛検査を行うなど、清浄化に向けた取り組みを行っており、令和3年10月末現在、対策農場数は、69戸(今年次の新規発生が23戸増加)となっている。この様な状況の中、12月7日(火)~17日(金)の期間において、ヨーネ病対策農場17戸2,825頭の検査を予定しており、地域の家畜防疫員や委嘱獣医師等を最大限活用しても12月の業務対応が困難な状況となるため、他家保から職員を派遣して根室家保の業務推進を支援する」との考えを示し、応援体制について協議してきた。


2021.12.01 労連情報第033号 根室家保牛ヨーネ病検査等繁忙期に係るう応援体制について(1)
.pdf
Download PDF • 178KB

最新記事

すべて表示

2022年6月30日、道当局から、中央省庁との人事交流の発令について提示されました。 全道庁労組は、国に依存しない道政の推進にむけて、人事交流が長期化・固定化しないよう、引き続き『漸減協定』および「北海道と中央省庁との職員交流取扱要領」を遵守するよう申し入れています。

2022年6月14日、保健福祉部当局は、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化するなか、物価高騰等に直面する低所得の子育て世帯に対し、令和4(2022)年度も国から給付金が支給される。また、これに上乗せして、低所得の子育て世帯の生活支援に伴い、道独自の特別給付金を支給することにより、本庁保健福祉部子ども子育て支援課と(総合)振興局社会福祉課に「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給