2021.04.15 労連情報第128号 新型コロナウイルス感染症対応(57)-職員のコロナワクチン接種(2)-(リスト追加・除外等)

 4月15日、道当局(総務部職員厚生課、保健福祉部感染症対策課)から、①2月に提出されたリストに基づいてワクチン接種に必要な予診票を送付すること、②退職や人事異動、新規採用に伴うリストの追加および除外を行い、予診票を追加発行すること-が情報提供されました。  全道庁労組は、追加対象となる職員の取扱いを確認しました。  ワクチン接種にかかる服務上の取扱いは未だ示されていないことから、職務として取り扱うことなどを申し入れました。

2021.04.15 労連情報第128号 新型コロナウイルス感染症対応(57)-職員のコロナワクチン接種(2)-(リスト追加・除外等)
.pdf
Download PDF • 645KB

最新記事

すべて表示

2022年9月9日、Withコロナの新たな段階への移行にあたり、国(厚生労働省)は各都道府県等に対し、高齢者施設等におけるクラスター対策の強化として、入所系の高齢者施設・障がい者施設等と介護・障がい分野の通所系・訪問系事業所への集中検査を実施するとともに、医療機関、保育所等を積極的に対象とするよう事務連絡を通知した。 これを受けた道は、国の通知に基づく対応が必要であると判断した。その結果、指揮室、