2020.12.08 労連情報第035号 新型コロナウイルス感染症対応(47)<新型コロナウイルス感染症対応にかかる申入書>

 新型コロナウイルス感染症対応業務にあたっては、感染者の急増に伴い関係職場から「新型コロナウイルス感染症対応業務が輻輳し、組合員が疲弊しきっている。早急な職場改善が必要」などの切実な声が幾つも寄せられた。また全道庁が保健福祉部当局から逐次状況把握を行うなかで対策本部指揮室および石狩管内道立保健所の厳しい実態も確認されていた。

 こうした状況を受け全道庁は、緊急対応として保健所評議会と連携のうえ、新型コロナウイルス感染症対応にかかる申入書を作成し、2020年12月7日付けで保健福祉部当局に提出した。

2020.12.08 労連情報第035号 新型コロナウイルス感染症対応(47)<新型コロナウイルス感染症対応にかかる申入書>
.pdf
Download PDF • 208KB

最新記事

すべて表示

2022年9月29日、総合政策部当局(以下、「部当局」)は「R4年3月策定の『Smart道庁の推進に向けたデジタル化取組方針』で重要となるデジタル人材の育成・確保の方向性や具体的な取り組み示すため『北海道職員のデジタル人材育成に関する計画(案)』を策定することとした」として、全道庁労組に対して事前協議してきた。