2020.12.07 労連情報第033号 2020賃金確定闘争(22・最終)賃金確定期(9・最終)-「月例給改定は行わない」ことを確認-

 2020年12月4日、地公三者共闘および全道庁は道当局(対応:職員監)に対し、月例給の取扱いについて、 本年の月例給の改定はない」ということでよいか確認したところ、道当局は、 人事委員会において、本年は月例給の改定を行わないことが適当であると判断したところであり、再任用職員や会計年度任用職員も含めた職員の月例給については、現行どおり取り扱う」との姿勢を示しました。(道教委当局との確認は、7日に同内容で実施)

 全道庁における2020賃金確定闘争は、先行決着した一時金と分離されていた月例給の取扱いを確認したことから、この情報の発出をもって収束します。

 今後は、『公務運営に関する報告』で言及された課題や、今次闘争で確認した回答および対応姿勢を足がかりに、引き続き2021当初予算闘争や、通年で展開する賃金確定闘争において組合員の賃金・労働条件改善にむけた取り組みを進めていきます。

2020.12.07 労連情報第033号 2020賃金確定闘争(22・最終)賃金確定期(9・最終)-「月例給改定は行わない」ことを確認-
.pdf
Download PDF • 171KB

最新記事

すべて表示

国は、概ね5年ごとに行う「民間の企業年金および退職金の実態調査」を踏まえて国家公務員退職手当法の見直しを行いますが、今回の民間調査結果は官民で概ね均衡していたことから、国においては退職手当の水準改定を行わないこととされています。 総務省は4月25日、地方公務員についても国の取り扱いを踏まえて対応するよう各都道府県に通知を発出しています。 これらの経過から、5月17日、全道庁労連は職員監に対し、道に

2022年5月12日、道当局は、定年引上げ検討案を全職員に示したうえで、S38・S39年度生まれの職員(R5年度に59・60歳)に対して、人事制度等の検討の参考とするためのアンケートを実施することを情報提供してきました。 この検討案は、国の定年引上げ等の制度や改正地公法をもとに作成した現時点での検討案であり、正式提示ではありません。 道当局は、アンケート結果等を参考にしながら引き続き制度設計を行う