2020.12.03 労連情報第032号 新型コロナウイルス感染症対応(46)<北王丸(取締船)による患者搬送>

 新型コロナウイルス感染者が相次いでいる道南の奥尻町においては、感染者が順次、船で島外の医療機関等へ搬送されており、漁業取締船「北王丸」も感染者の搬送に使用されていた。

 この事実を把握後、全道庁は直ちに水産林務部当局(以下、部当局)に対して事実確認を行ったところ、12月2日に北王丸の船員が搬送業務に従事する際の感染防止策などが示された。

2020.12.03 労連情報第032号 新型コロナウイルス感染症対応(46)<北王丸(取締船)による患者搬送>
.pdf
Download PDF • 95KB

最新記事

すべて表示

2022年9月29日、総合政策部当局(以下、「部当局」)は「R4年3月策定の『Smart道庁の推進に向けたデジタル化取組方針』で重要となるデジタル人材の育成・確保の方向性や具体的な取り組み示すため『北海道職員のデジタル人材育成に関する計画(案)』を策定することとした」として、全道庁労組に対して事前協議してきた。