2020.11.09 労連情報第002号 2020賃金確定闘争(15)道人事委員会勧告期(8)賃金確定期(2)-事務交渉-

 全道庁は、11月10日に実施する賃金確定にかかる職員監交渉(道教委は11月12日)で重点課題のすべてを取り上げることが困難であることから、6日に事務交渉を実施し、重点課題の一部(新規採用者への特地勤務手当に準ずる手当の措置、山上等作業手当の新設、主査級の平均昇任年齢、主任等の任用基準、ハラスメント対策)に対する道当局の考え方を質しました。

 道当局は、11月4日に示した「2020年基本賃金引き上げ等に関する要求書」に対する回答の域を出ない不満な姿勢に終始しました。

2020.11.09 労連情報第002号 2020賃金確定闘争(15)道人事委員会勧告期(8)賃金確定期(2)-事務交渉-
.pdf
Download PDF • 371KB

最新記事

すべて表示

2022年9月9日、Withコロナの新たな段階への移行にあたり、国(厚生労働省)は各都道府県等に対し、高齢者施設等におけるクラスター対策の強化として、入所系の高齢者施設・障がい者施設等と介護・障がい分野の通所系・訪問系事業所への集中検査を実施するとともに、医療機関、保育所等を積極的に対象とするよう事務連絡を通知した。 これを受けた道は、国の通知に基づく対応が必要であると判断した。その結果、指揮室、