2020.10.30 労連情報第267号 2020賃金確定闘争(13)道人事委員会勧告期(6)-人事委員会勧告-

 2020年10月30日、道人事委員会は知事および道議会議長に対して、『北海道職員の給与等に関する勧告および報告』を行いました。 ①一時金については、先行して調査した民間事業所における特別給の支給月数4.44月に対して、道職員(4.50月)が0.06月上回っていることから、期末手当の年間支給月数を0.05月引き下げる、②月例給の給与改定や公務運営に関する事項等については、別途必要な報告・勧告を行う-としました。

 勧告を受けて地公三者共闘は声明を発出して見解を示すとともに、『2020年北海道人事委員会勧告にかかわる要請書』を知事・教育長、道議会正副議長に提出し、コロナ禍における厳しい職場実態や民間企業への影響を踏まえ、一時金の引下げ改定を行わないよう申し入れました。

 月例給等の取扱いや勧告・報告時期が未だ不透明であることから、全道庁労連は「道人事委員会勧告期」の取り組みと平行し、 「確定期のたたかい」も展開していきます。

2020.10.30 労連情報第267号 2020賃金確定闘争(13)道人事委員会勧告期(6)-人事委員会勧告-
.pdf
Download PDF • 234KB

最新記事

すべて表示

2022年9月9日、Withコロナの新たな段階への移行にあたり、国(厚生労働省)は各都道府県等に対し、高齢者施設等におけるクラスター対策の強化として、入所系の高齢者施設・障がい者施設等と介護・障がい分野の通所系・訪問系事業所への集中検査を実施するとともに、医療機関、保育所等を積極的に対象とするよう事務連絡を通知した。 これを受けた道は、国の通知に基づく対応が必要であると判断した。その結果、指揮室、