2020.10.27 労連情報第264号 2020賃金確定闘争(11)人事院勧告期(6)道人事委員会勧告期(4)-副知事交渉-

 2020年10月27日、地公三者共闘は、副知事と勧告にむけた交渉を実施し、10月14日に提出した「2020年人事委員会勧告に関わる要求書」に対する考え方や人事委員会勧告に対する基本姿勢を質しました。

 地公三者共闘は、初任給基準の改善や人員確保にむけた処遇改善、号俸増設、定年延長・再任用職員課題、長時間労働の是正などを求めましたが、副知事は「勧告尊重」「国・他府県の動向を注視」との具体性のない姿勢に終始したことから、現場で奮闘する職員に報いる賃金・労働条件の改善にむけて人事委員会へ働きかけるよう申し入れました。

2020.10.27 労連情報第264号 2020賃金確定闘争(11)人事院勧告期(6)道人事委員会勧告期(4)-副知事交渉-
.pdf
Download PDF • 282KB

最新記事

すべて表示

2022年9月9日、Withコロナの新たな段階への移行にあたり、国(厚生労働省)は各都道府県等に対し、高齢者施設等におけるクラスター対策の強化として、入所系の高齢者施設・障がい者施設等と介護・障がい分野の通所系・訪問系事業所への集中検査を実施するとともに、医療機関、保育所等を積極的に対象とするよう事務連絡を通知した。 これを受けた道は、国の通知に基づく対応が必要であると判断した。その結果、指揮室、