2020.09.30 労連情報第247号 新型コロナウイルス感染症対応(38)<宿泊療養施設設置に備えた対応要領作成>

2020年9月25日、保健福祉部当局は全道庁に対し、「道内各地で新型コロナウイルス感染者が増加した場合に、軽症者等が入所する宿泊療養施設の設置が求められる。これらの状況に備え、道央圏(石狩・空知・胆振・日高・後志)を除く第三次医療圏単位で、『新型コロナウイルス感染症対策(宿泊療養事務スタッフ)対応要領』を事前に作成するよう該当(総合)振興局へ指示する」として、協議してきた。


2020.09.30 労連情報第247号 新型コロナウイルス感染症対応(38)<宿泊療養施設設置に備えた対応要領作成>
.pdf
Download PDF • 767KB

最新記事

すべて表示

2022年9月9日、Withコロナの新たな段階への移行にあたり、国(厚生労働省)は各都道府県等に対し、高齢者施設等におけるクラスター対策の強化として、入所系の高齢者施設・障がい者施設等と介護・障がい分野の通所系・訪問系事業所への集中検査を実施するとともに、医療機関、保育所等を積極的に対象とするよう事務連絡を通知した。 これを受けた道は、国の通知に基づく対応が必要であると判断した。その結果、指揮室、