2020.09.18 労連情報第244号 ICTを利活用したテレワークに対する取り組み(8)-在宅勤務本格実施にむけた対応-

 2020年9月8日、道当局から全道庁に対して、在宅勤務の本格実施にむけた今後の進め方について現段階の考え方が示され、また、在宅勤務に関する全職員アンケートの結果についても情報提供がありました。

 全道庁は、アンケートの結果をもとにテレワーク環境の整備等について改善を申し入れるとともに、本格実施にむけて、①誰もが取り組みやすい在宅勤務とすること、②勤怠管理の課題や諸経費負担の問題なども含め、組合員の負担とならない検討を行うこと、③制度導入にむけた検討状況の情報提供および我々との十分な話し合いを行うこと-を申し入れました。

2020.09.18 労連情報第244号 ICTを利活用したテレワークに対する取り組み(8)-在宅勤務本格実施にむけた対応-
.pdf
Download PDF • 1.04MB

最新記事

すべて表示

2022年9月29日、総合政策部当局(以下、「部当局」)は「R4年3月策定の『Smart道庁の推進に向けたデジタル化取組方針』で重要となるデジタル人材の育成・確保の方向性や具体的な取り組み示すため『北海道職員のデジタル人材育成に関する計画(案)』を策定することとした」として、全道庁労組に対して事前協議してきた。