2020.03.19 労連情報第149号 2020賃金確定闘争(5)国民春闘期(5・最終)-人事委員会・副知事交渉-

2020年3月19日、北海道公務員共闘会議地方公務員三者共闘会議(自治労北海道本部・全道庁労連・北海道教職員組合で構成される連合組織。以下、「地公三者共闘」)は、人事委員会および副知事との交渉を行い、2月19日に提出した「2020年度基本賃金の引き上げ等に関する要求書」に対する回答を受け、対応姿勢を確認しました。

国民春闘期のたたかいについては収束しますが、引き続き道内の春闘相場形成にむけて連合に結集する民間組合などと連帯していくため、組合旗掲揚は3月末まで継続します。

全道庁は、賃金・労働条件の具体的な改善を求めて、2020賃金確定闘争の人事院勧告期(6~8月)、人事委員会勧告期(8月~10月上旬)、賃金確定期(10月上旬~11月)の取り組みをすすめていきます。通年の賃金闘争へ、引き続きのご結集をよろしくお願いいたします。


2020.03.19 労連情報第149号 2020賃金確定闘争(5)国民春闘期(5・最終)-人事委員会・副知事交渉-【配付用】
.pdf
Download PDF • 975KB

最新記事

すべて表示

2022年9月29日、総合政策部当局(以下、「部当局」)は「R4年3月策定の『Smart道庁の推進に向けたデジタル化取組方針』で重要となるデジタル人材の育成・確保の方向性や具体的な取り組み示すため『北海道職員のデジタル人材育成に関する計画(案)』を策定することとした」として、全道庁労組に対して事前協議してきた。