2020.03.19 労連情報第149号 2020賃金確定闘争(5)国民春闘期(5・最終)-人事委員会・副知事交渉-

2020年3月19日、北海道公務員共闘会議地方公務員三者共闘会議(自治労北海道本部・全道庁労連・北海道教職員組合で構成される連合組織。以下、「地公三者共闘」)は、人事委員会および副知事との交渉を行い、2月19日に提出した「2020年度基本賃金の引き上げ等に関する要求書」に対する回答を受け、対応姿勢を確認しました。

国民春闘期のたたかいについては収束しますが、引き続き道内の春闘相場形成にむけて連合に結集する民間組合などと連帯していくため、組合旗掲揚は3月末まで継続します。

全道庁は、賃金・労働条件の具体的な改善を求めて、2020賃金確定闘争の人事院勧告期(6~8月)、人事委員会勧告期(8月~10月上旬)、賃金確定期(10月上旬~11月)の取り組みをすすめていきます。通年の賃金闘争へ、引き続きのご結集をよろしくお願いいたします。


2020.03.19 労連情報第149号 2020賃金確定闘争(5)国民春闘期(5・最終)-人事委員会・副知事交渉-【配付用】
.pdf
Download PDF • 975KB

最新記事

すべて表示

国は、概ね5年ごとに行う「民間の企業年金および退職金の実態調査」を踏まえて国家公務員退職手当法の見直しを行いますが、今回の民間調査結果は官民で概ね均衡していたことから、国においては退職手当の水準改定を行わないこととされています。 総務省は4月25日、地方公務員についても国の取り扱いを踏まえて対応するよう各都道府県に通知を発出しています。 これらの経過から、5月17日、全道庁労連は職員監に対し、道に

2022年5月12日、道当局は、定年引上げ検討案を全職員に示したうえで、S38・S39年度生まれの職員(R5年度に59・60歳)に対して、人事制度等の検討の参考とするためのアンケートを実施することを情報提供してきました。 この検討案は、国の定年引上げ等の制度や改正地公法をもとに作成した現時点での検討案であり、正式提示ではありません。 道当局は、アンケート結果等を参考にしながら引き続き制度設計を行う