2020.02.03 労連情報第102号 2020(R3)年度からの1年制訓練の導入拡大に対する取り組み(1)

2020年1月31日、人材育成課当局は全道庁に対し、「令和3年度からの1年制訓練の導入に向けた検討方針(案を協議してきた(詳細は別添資料を参照のこと)。

 冒頭、課当局は「本年度の定員充足率は危機的状況にあり、入校生の確保が喫緊の課 題。本年3月策定の運営方針に沿い、既卒者を対象として受入環境づくりや入校の働きかけなど、入校促進に全力で取り組む必要がある」との基本的な認識を明らかにした。そのうえで、ハローワークからの意見も踏まえ、早期就職を希望する既卒者が入校しやすい1年制訓練を導入し、2年制1年次との合同訓練が最も効果的として、R3年度募集から可能な限り多くの訓練科に1年制訓練の導入を拡大する考え方を示した。


2020.02.03 労連情報第102号 2020(R3)年度からの1年制訓練の導入拡大に対する取り組み(1)
.pdf
Download PDF • 277KB

最新記事

すべて表示

2021.10.18 労連情報第202号 2022(R4)年度被服貸与基準の見直しに対する取り組み(2)-被服貸与基準見直し案の協議-

2021年10月14日、道当局は全道庁労組に対し、各部等から取りまとめた「R4年度被服貸与基準の見直し案」について協議してきた。 全道庁労組は道当局に対し、見直し案については関係部から支部に対して協議がされることから、協議期間を十分確保するとともに職場意見等に対して丁寧に対応することを申し入れ、道当局の対応姿勢を確認したことから協議を終えた。

2021.10.15 労連情報第201号 2021賃金確定闘争(14)確定期(1)、青年部独自要求闘争(1)-勧告・基本賃金、青年部に関する要求書提出-

10月15日、全道庁労組は、知事および教育長に対して「2021年基本賃金引き上げ等に関する要求書」を,青年部からは「青年労働者に関する賃金・労働条件の改善および差別撤廃等を求める青年部統一要求書」を提出した。 全道庁労連(労組)は、引き続き地公三者共闘(全道庁労連、北教組、自治労道本部)に結集し、11月中旬に戦術を配置しながら、今年の給料表および一時金の取扱いについて、厳しい生活実態にある組合員・

2021.10.15 労連情報第200号 ICTを利活用したテレワークに対する取り組み(12)職場環境などの改善にむけた取り組み(2)-職員意識アンケートの結果-

2021年10月12日、道当局は、全道庁労組に対して本年8月に実施した「公務職場・働き方等に関する職員意識アンケート」の集約結果について情報提供してきた。 全道庁労組としては、今回のアンケート結果も踏まえながら、課題の解決にむけて「2022賃金確定闘争」における職員監交渉等で道当局を追及していく。