2020.01.24 労連情報第095号 2020当初予算闘争(21)2020組織機構改革(43)2019賃金確定継続課題(5)<戦術判断>

2020年1月24日0時25分、全道庁労連は、2020「1月闘争」課題等にかかる職員間交渉を実施し、最終回答が示されました。

全道庁労連は、回答内容について執行委員会および常駐拡大闘争委員会で分析した結果、厳しい情勢におけるギリギリの到達点として確認し、1時間ストライキを中止するとともに、R2年度組織機構検討に際して現行組織規模を基本とした考えに固執したことに対する抗議と引き続く国民春闘への総決起の場とする「時間外報告集会」に戦術変更することを決定しました。

2020.01.24 第095号 2020当初予算闘争(21)2020組織機構改革(43)2019賃金確定継続課題(5)<戦術判断>
.pdf
Download PDF • 297KB

最新記事

すべて表示

2022年9月9日、Withコロナの新たな段階への移行にあたり、国(厚生労働省)は各都道府県等に対し、高齢者施設等におけるクラスター対策の強化として、入所系の高齢者施設・障がい者施設等と介護・障がい分野の通所系・訪問系事業所への集中検査を実施するとともに、医療機関、保育所等を積極的に対象とするよう事務連絡を通知した。 これを受けた道は、国の通知に基づく対応が必要であると判断した。その結果、指揮室、