1. トップページ
  2.  福利厚生・自治労共済
  3. 組合員ページ
  4.  全道庁労連情報
  5.  全道庁労連版機関誌
  6.  青年・評議会・連絡会議
  7.  総支部情報
  8.  研究機構労組
  9.  札医大労組
  10. 自治労北海道

« 国民春闘期における職員監・教育職員監との最終交渉を実施しました! | トップページ | 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて9月末までの会議等は延期・中止します。 »

地公三者共闘が人事委員会・副知事との交渉を実施、国民春闘期のたたかい収束。通年の賃金闘争に引き続きご結集を!

2020年03月19日 18:28

2020年3月19日、北海道公務員共闘会議地方公務員三者共闘会議(自治労北海道本部・全道庁労連・北海道教職員組合で構成される連合組織。以下、「地公三者共闘」)は、人事委員会および副知事との交渉を行い、2月19日に提出した「2020年度基本賃金の引き上げ等に関する要求書」に対する回答を受け、今後の対応姿勢を確認しました。
国民春闘期のたたかいは収束しますが、引き続き道内の春闘相場形成にむけて連合に結集する民間組合などと連帯していくため、組合旗掲揚は3月末まで継続します。
全道庁は賃金・労働条件の具体的な改善を求めて、2020賃金確定闘争の人事院勧告期(6~8月)、人事委員会勧告期(8月~10月上旬)、確定期(10月上旬~11月)の取り組みをすすめていきます。通年の賃金闘争へ、引き続きのご結集をよろしくお願いいたします!