1. 組合員ページ
  2. トップページ
  3. 福利厚生・自治労共済
  4. Web版赤煉瓦
  5. 闘争日報
  6. 赤煉瓦写真館
  7. 全道庁労連とは
  8. 全道庁労連の歴史
  9. 自治労北海道

« No.363 「大企業 五輪政界 金に泣く」=北村英人の時事川柳(46) | トップページ | 投票へ行こう!~衆議院北海道5区補欠選挙 »

No.364 高橋ようの四行独言(97)

2016年04月11日 11:47

                            ■3月28日
 核着弾のワシントン―宣伝映像
流す北朝鮮。火遊び夢中のこの国
の指導者。その光景が、平壌のそ
れとオーバーラップしないものか。
                            ■3月29日
 「日本は核武装を」―ついに対
日本究極のトランプ発言。日本の
「非核三原則」知ってか知らずか、
アメリカの知性、地に堕す暴言王。
                            ◇
 日本核武装―日本の政党なら論
外と一蹴の筈だが、「核保有の議論
必要」おおさか維新松井代表。国
是蔑ろ、日本にもトランプ居たか。

                            ■4月 5日
 TPP審議入りしたが―政府提
出、黒塗り交渉記録。全貌知る甘
利前大臣雲隠れ。国益侵されたと
しても、真っ黒な資料何も語らず。

                            ■4月 7日
 「まるでノリ弁当だ」(民進・玉
木議員)、45㌻すべて黒塗り交渉
記録。「非公開です」一点張り(石
原大臣)。奥ノ院に安置?TPP。
                            ◇
 民進党暴露―5月出版の西川特
別委員長の内幕本、水面下交渉克
明に。情報提供認めぬ政府。自著
原稿認めぬ西川氏。「隠せ」「隠せ」。

                            ■4月 9日
 「頭隠して尻隠さず」―消し忘
れた委員長席マイク、西川氏自著
認める声拾う。「あれは書き殴った
やつ」。さあ―もう逃れられんぞ。


【高橋ようの四行独言】
「よう」は愛称。漢字で「庸」と書き「いさお」と読む。
1932年石狩市(旧石狩町)生まれ。46年道庁旧開拓部。札幌総支部書記長などを経て、72年全道庁本部書記長、77年道本部副委員長を歴任。83年から全道庁の組織内道議を3期12年務めた。現在、札幌市議会議員・長谷川衛連合後援会会長。
95年から全道庁相談役に就き、「全道庁50年史」、新書版「全道庁の歴史」全4巻などを執筆。文芸誌「赤煉瓦」にもたびたびエッセイを寄稿。無駄な字句を省き軽妙なタッチでキレのいい文章が持ち味。


 
【四行独言】は主として時事問題を「四行日記」風に綴ったもの。わずか60字の超短文コラムだが、鋭い独自の視点が示唆に富む。