1. トップページ
  2.   福利厚生・自治労共済
  3. 組合員ページ
  4.   全道庁労連情報
  5.   全道庁労連版機関誌
  6.   青年・女性・評議会
  7.   総支部情報
  8.   研究機構労組
  9.   札医大労組
  10. 自治労北海道

« 【財住金】フラット35金利(2016年3月)のご案内 | トップページ | No.357 高橋ようの四行独言(94) »

No.356 「燃えた日の昭和安保が懐かしい」=北村英人の時事川柳(42)

2016年03月07日 09:31

燃えた日の昭和安保が懐かしい
(3月5日 道新掲載作品)


暴走の政治に反旗 五区補選


反自民 野党共闘 急ピッチ


官邸が 裏で操る 五区補選


総活躍 女性閣僚 丸潰れ


永田町 続く失言 スキャンダル


金融界 黒田ギャンブル 風読めず


金利安 タンス預金か貸金庫


拉致調査 核ミサイルに遮断され


アメリカの腰巾着はもう御免


猫やなぎ 三寒四温 春を呼ぶ



【北村英人の時事川柳】
1933年生まれ、北広島市在住。52年旭川土木現業所。60年から全道庁運動に従事、書記長、委員長、道本部委員長を歴任。現在、「西の里・虹ヶ丘憲法9条の会」共同代表。現役引退を期に本格的に川柳に取り組む。2001年、道新の文芸欄「どうしん川柳」に入選した句が200を超えたのを記念し句集「蕗のとう」を出版。憲法9条を守る地域の活動にも積極的にかかわり、反戦・平和の川柳も多数。文芸誌「赤煉瓦」にも毎号投稿。2013年度北広島市文化奨励賞を受賞した。「どうしん川柳」に入選した句を中心に、不定期でお届けする。