1. 組合員ページ
  2. トップページ
  3. 福利厚生・自治労共済
  4. Web版赤煉瓦
  5. 闘争日報
  6. 赤煉瓦写真館
  7. 全道庁労連とは
  8. 全道庁労連の歴史
  9. 自治労北海道

« No.173 人間の顔が見えない経済政策「ド・アホノミクス」=シェアからシェアへ | トップページ | »

<晩秋の赤煉瓦界隈>

2013年11月03日 13:09


赤煉瓦前庭の紅葉が見頃だ。黄金色の銀杏、オレンジに染まる桜、真っ赤な楓。正門前の銀杏並木を庁舎正面玄関側から見ると半円形の煉瓦が額縁となってまた違った景色となって楽しめる。

北東側の浮島がきれいに紅葉、カモがえさをもとめて近づいてくる。例年真っ赤に染まる北門脇の楓は上の方がやや色づきはじめた。



「黄金のトンネル」として人気スポット、北大の銀杏並木(北13条通)がライトアップされているというので足を運んだ。昼間とはまた違った輝き、幻想的である。長さ380mの道路の両側に70本が植えられているという。 この銀杏が散る頃には雪が舞いはじめ、冬の到来を告げる。


(政策情報室 井上昭弘)